読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My diary Chapter S

オタクゴトやら日常やら適当に…

リーディングライブすきなんです。

とかいいながら今回はライビュで参戦なんですけど。

ほんと言うなら現地行きたかったけど。

つーかあれだよ、色々バタバタしすぎてたんだよ(言い訳)

 

きらみゅんの人たちの本業であるリーライ。

1年目の鍵部屋は全部観れたんですよ。

だって当日券とかでてたしなんなら埋まってなかったしね。

で、次が去年。

なんやかんやでいつも取れないリーライ。

 

みんなようやくリーライのよさに気づいたんだねと嬉しい悲鳴である。

アニメのイベントでも大喜利的なコーナーよりも生アフレコだったり生オーコメだったりしてほしいオタクです。

余談でした。

 

神谷さんの演技めっさ好きなんです。

リーライ見るたびにあの人の演技に惚れ直すし芝居への貪欲さに尊敬崇拝だよね。

あと真面目な所。

自分が座長!的な空気でしっかりしなきゃ真面目にしなきゃが伝わってくるのがいい。

真面目な神谷さん好きなんです。

 

今日昼夜と両方みたんだが本当にメンバーが違うだけでこんなにも話が違うものに見えるんだって楽しくなったよね。

同じセリフを言ってても間の取り方、感情の込め方で全然印象が変わる。

面白い。

この座組だからこそのものがあったよね。

これが1人でも変わればまた違ったアプローチでまた違う話が出来上がってたんだろうなぁと思います。

 

Bチームは神谷さんは別記事へ。

なんと言ってもよっちんだよね。

まずはビジュアルから掴んでくるあたり凄い。

よく考えたら去年の金太郎もそうだったな。

いやでもあの宇宙人はよっちんにしかできないよね。

声の演技だけどあの人の動きの演技も凄かった。

よっちん生のお芝居しないかなぁ。

やるならとても見てみたい。

 

かっきーはなんと言っても生歌。

少年というか幼い子供っぽい演技は私の中ではとても新鮮だった。

愛情のこもったこんにちわは迂闊にもやられたよね。

 

 えぐはDT的な役のが好きなので何もないシュガーな砂糖さんが好きです。

弄られとかがいつも美味しいよね。

神谷さんとの身長差、いいよね。

あと襟のとこに髭のワンポイント入ってるのがめっさ可愛かった。

 

Aチーム。

面白すぎた。そりゃあのメンバーだもんな。

きらみゅんの良心に止める事は無理だよね。

悪ふざけマックスはゾンビに襲われないためのポーズの時にみんなでランニングマンしてたとこだよね。

ぱっぴー置いてかれててもしやドッキリ?とも思ったがきっとできてなかっただけだね。

そんなぱっぴーみて嬉しそうに見てたのが良平くん。

 

のぶくんはああいうかわいい役がすき。

今回のパルはスゴく好みだった。

最近かっこよかったりいかつい感じ多かったから凄く嬉しい。

そしてそんなのぶくんのモノマネする良平くんが可愛かった。

ういんぐが喘いでるのとすきになっちゃうに笑い止まらなくなっててかわいかった。

アカペラで歌うのがのぶくん発信と安元さんにばらされて焦ってたのも可愛かった。

あと例の件での待っててねにうっかり泣きそうになったちょろいオタクです。

 

良平くん!

よっちんみてからのだからどんな演技するの?と思ってたの!!

いやぁ最初の感情のない演技からまさかあんなかわいいチューニングにするなんて思ってもなくて爆死したよね…。

あのトーンと演技は私のどストライクです。

えぇ、久々に良平すきってなったよね。

セリフ噛んではにかんで

「まだ慣れてないからね」ってアドリブぶっこむあたりあの人の舞台慣れを思い知るよね。

ライビュカメラに向かってウインクもありがとうございました。

あの後めっさ照れてたんだよね?

カメラ映ってないけど照れてたと妄想してる。

あとのぶきむいちゃつきすぎ問題な。

あの2人だけ距離が近くてたまらないよね。

 

美少女腹黒砂糖さんのういんぐ。

もうこのういんぐの演技も大好き。

砂糖さんのかわいさとあざとさと腹黒さのバランスたまらない。

なんなのもー!って悶えてた。

あとえぐの砂糖さんより距離感近くていやらしかった。笑。

お芝居の間は短いんだけどそのおかげでテンポがいいんだよね。

間はえぐの方が好みだったなぁ。

 

浪川さん天才かよ!って思ったよね。

低いチューニング浪川さんいいね。

父ちゃんな感じ新鮮でよかった。

のぶくんに上に乗っかられて体制が無理になっていくのよかったね。

お母ちゃんって泣きさけぶとこの演技すきでした。

おちゃらけの演技もたまらんです。

あと弄られる感じもかわいかった。

あと黒かったね。

ほんとに。笑えるくらい黒かった。

あとダンシングクイーンからのアバの説明ありがとうございます。

繋がらなかったから。

 

 のじけんさん。

麦わら帽子が後ろに見えるような優しくて人当たりのいい農夫な感じでよかった。

そもそものじけんさんの声と演技すきなんだよー。

ライビュカメラに向かってずっとピースでアピってたの可愛かった。

 

緑川さん。

喘ぎとリップ音あざます!!!!

柿原さんに攻められて喘ぐとかご馳走様の一言だよ…

(暗闇のシーンで息子のパルに乗っかられるとこのやり取りね)

あとは最初のこう暑いと溶けて(腕をなめあげる演技と音)バターになっちまうよからやられてましたけど!!!!

サービス沢山ありがとうございました。

 

安元さん。

のじけんさんとは対照的に紳士的な農夫というより執事な印象だった。

黒執事の影響かな…

相変わらず低音ボイスたまらないよね。

浪川さんいじりとストーリーに必死に戻そうとする真面目な部分も素敵。

 

ぱっぴー。保志さん。

神谷さんと全然違うゴウガイさんでこれはこれで興味深くみてた。

きちんとぱっぴーのお芝居に触れたのは初めてかな。

どうしてもキラヤマトの印象強すぎてだめなのよ。

客弄りと最後の挨拶がグダグダで面白かったー。

 

簡単なキャスト感想!!!!

また細かい壺とか思い出したら書こう。